主婦 キャッシング

主婦のキャッシング利用が増えています!

キャッシングに申込んだ主婦の写真

お金を借りたことのない主婦にとって、キャッシングはハードルが高く感じるかもしれません。
でも最近は自宅にいながらインターネットから簡単に申込めるキャッシングがあるので主婦の利用者も多くなっています。

 

■ キャッシング会社選びで失敗しないコツ ■
・申込みがしやすい
・夫の同意書や収入証明書がいらない
・家族に借入を内緒にできる

主婦でも専業主婦でも借りられてる自分の条件に当てはまるキャッシング会社を選ぶことが大切です。

 

主婦でも専業主婦でも借りられるキャッシング会社の見分け方

キャッシングと言えば消費者金融がありますが、消費者金融は2010年以降新しくできた総量規制という貸出しを制限する法律により自分自身に収入がないと借りられなくなりました。
収入のある主婦なら借りられますが専業主婦からは借りられません。
一方銀行直営のカードローンなら総量規制の対象外なので主婦も専業主婦も借りられます。

選ばれているのは銀行カードローン

最近は安心感の高さから主婦・専業主婦に関わらず幅広い年齢層から消費者金融よりも銀行カードローンを選ぶ方が増えています。


ばれずに自分で借りられる主婦におすすめのキャシングはこちら

イオン銀行カードローンBIG

自社ブランドのトップバリュでおなじみのイオングループが運営するイオン銀行にもカードローンがあり人気です。
イオンモールにはもちろんマックスバリュにもATMがあり買い物ついでに利用でいます。
コンビニにも提携ATMがあり、どこに住んでいても利用に困ることはありません。
利用明細の郵送もなく郵便から家族にばれてしまうこともなく安心です。
金利が低く家計に負担なく返済できることも人気の理由の1つです。

 

詳細はこちらのアイコン詳細はこちら

実質年率 ご融資額 配偶者の収入証明書や同意
3.8%〜13.8% 30万円 〜 800万円
(専業主婦は50万円まで)
不要

 

新生銀行カードローンレイク

新生銀行が運営しているカードローンのレイクです。
レイクの一番の魅力はなんといっても無利息期間が2種類から選んで利用できることです。
借入の全額を30日もしくは5万円までを180日間利息なしで借りられます。
無利息期間内に全額返済すれば利息ゼロでお得に借りられます。
1万円から借りられるので必要な分だけ借りてすぐに返せるならレイクがオススメです。

 

詳細はこちらのアイコン詳細はこちら

実質年率 ご融資額 配偶者の収入証明書や同意
4.5%〜18.0% 1万円〜500万円
(専業主婦は30万円まで)
不要

 

レディースプロミス


キャッシングに抵抗がある女性でもレディースプロミスは全ての対応を女性スタッフが行ってくれるので安心して利用することができます。
全国のコンビニATMを利用することが可能なので24時間場所を気にすることなく借入や返済が可能になりました。
また、審査通過が不安な方はWEB上で事前に判断することができるので安心ですね。

詳細はこちらのアイコン詳細はこちら

実質年率 ご融資額 配偶者の収入証明書や同意
4.5%〜17.8% 1万円〜500万円まで
(主婦は30万円まで)
収入のある主婦:不要
収入のない専業主婦:借入不可

 

 

主婦キャッシング

主婦でもキャッシングできるのかという質問をよく見かけます。
パートやアルバイトをして収入を得ている主婦の皆さんは、キャッシングの申し込み条件である「安定した収入という部分はクリアしているわけですから、当然キャッシングできるものと考えられます。

 

家族の写真

しかし問題は得ている収入の額です。
主婦は家事や育児など仕事以外にもたくさんやることがありますから、仕事を中心に生活することはできません。

 

家事や育児の片手間に仕事をすることになりますから、それほど多い収入を得ている訳ではないのです。
毎月数万円程度の収入しかなくても大丈夫なの?と不安に感じている主婦が多いようですが、キャッシングの申し込み条件に収入の多い少ないは記載されていません。

 

ですから、数万円程度の収入でも毎月安定して収入があれば申し込みは可能となっています。
実際にキャッシングに申し込む場合、方法はいろいろありますが、家族や周囲の人にバレることを恐れる人が多い主婦層の人気の申し込み方法はインターネットです。

 

インターネット申し込みは、パソコンやスマートフォンなどから申し込みができるので、周囲に誰も人がいないときを狙って気軽に申し込みができます。
また、万が一審査に落ちてしまったとしても、誰とも顔を合わさずに手続きをしているため、恥ずかしさもありません。
申し込む際に必要な書類は身分証明書のみとなっています。

 

キャッシング会社のホームページには、希望金額によっては収入証明書が必要と記載されていますが、パートやアルバイト勤務の主婦の場合は予め融資限度額が決められているところが多いので、収入証明書は必要ありません。

 

所定の申込用紙に必要事項を記入又は入力し、身分証明書を提出したら審査が開始されます。
そして審査に無事受かれば、契約〜カード発行という流れで現金が受け取れるようになっています。
このように主婦でも安心してキャッシングが利用できます。

〜 解説!キャッシング 〜
キャッシングとは、ローンのように特定の物の購入を目的とした借り入れのように、使い道を制限されない小口の借り入れのことです。
なので、例えば自動車ローンなどはキャッシングとは通常呼びません。キャッシングを行っている金融機関は大きく分けて三つあります。
一つは消費者金融です。消費者金融の場合は、審査が通りやすい分、金利が高い事が特徴です。
もう一つは銀行です。銀行の場合は審査は厳しめですが、その分金利は低く設定されています。
また、銀行の場合は総量規制の対象外なので、条件について自由な面があります。
最後に信販系です。信販系とは、いわゆるクレジットカードのキャッシング枠です。
審査も金利も、消費者金融と銀行の中間くらいの位置づけになっています。
キャッシングでは担保や保証人は必要としません。その代り、審査を行う事で返済不能による貸し倒れのリスクを抑えます。
担保や保証人は必要ありませんが、本人確認書類は必要になります。本人確認書類として認められているのは免許証です。
もしも免許証がない場合には、保険証と住所確認書類を併せて提示することで本人確認書類として認められます。
実際に申込んで、審査が通れば借り入れができます。しかし、審査以前に申し込みを断られることもあります。
キャッシングにおいての申し込み条件としては、18歳、またな20歳以上であることと、自分、又は配偶者に安定した収入があることです。
これらの条件を満たさない場合には、審査以前に申し込みを断られることがあります。