主婦キャッシング 金利計算方法

役立つ金利計算方法

キャッシングを利用するときには契約によって金利が定められ、そして金利に基づいて利息が計算されます。
しかし、金利計算法を知らないと、提示されている金利で正しいのかどうかを知るすべはないでしょう。
大手の消費者金融や銀行であれば詐欺的なことはしないと考えられますが、やはり金利計算法は知っておくに超したことはありません。
キャッシングで借りたときの利息は、金利と借入金額、借入期間によって計算されます。

 

ですから、逆算をすれば金利が分かります。
まず、利息の計算方法についてですが、「利息=借入金額×金利×借入日数÷365」となります。
これが基本的な計算方法ですから、この式を変形すると、「金利=利息÷借入金額÷借入日数×365」となります。

 

金利計算の画像

この式に当てはめれば金利を計算することができます。
計算式もそれほど難しいものではないという事に気付くでしょう。
キャッシングでは金利に上限が定められています。
法律によって、10万円未満なら年率20%、10万円以上100万円未満なら年率18%、100万円以上なら年率15%と定められていますから、計算によって得られたキャッシングの金利がこれを超えていないかどうか確認することも必要となってきます。

 

もしも金利が上限を超えていたのであれば、それは違法な貸し付けとなります。
できることなら合法的なキャッシング会社から借り入れるべきでしょう。
そのためにも、一度は金利計算を行っておく必要はあります。

 

 

 

 主婦の方に人気のキャッシング先はココ!