主婦キャッシング グレーゾーン金利

グレーゾーン金利とは?

グレーゾーン金利の画像

平成22年以前まで、消費者金融から借入するキャッシングローンなどの無担保個人向け小口融資の借入金利は、3つの法律で規定されていました。
1つは、利息制限法、2つめは貸金業法、3つ目は出資法という法律です。
金銭の賃借を規定する利息制限法では、、借入元本が10万円未満の場合は年20%、10万円以上で100万円未満の場合は年18%、100万円以上の場合は年15%を上限とすろことが定められています。
一方、貸金業法では、利息制限法に定める上限金利を越えていても、借り手が承諾の上ならば、その利率上限は出資法が定めるものとするとありました。

 

その出資法では、金銭の貸し借りの上限を年29.2%と定めていました。
出資法は、刑罰が規定されていましたが、利息制限法には民法上の賠償しか手立てがなく、貸金業者、サラ金や高利貸しのキャッシングローンは、出資法で定める金利を貸付金利に適用していました。
その利息制限法の法定上限金利と出資法の上限金利の差の領域を、グレーゾーン金利と呼んでいます。

 

しかし、平成22年の法改正で、利息制限法に1つの条文が削除されました。
その内容は、利息制限法の定める金利を超えての貸付でも、借り手が承諾の上なら、お構いなしという条文です。
つまりは、この削除により、借り手は貸し手に対して、キャッシングローンの超過利息の返還請求ができるようになったのです。
これと同時に、グレーゾーン金利をいかにも法順守のように許していた、貸金業法の「借り手承諾ならいい」とか「出資法が上限」という条文も廃法となりました。
つまり、平成22年以降は、グレーゾーン金利でのキャッシングの貸付は違法となったのです。

 

 

 

 主婦の方に人気のキャッシング先はココ!