主婦キャッシングの総量規制

総量規制について

総量規制の画像

キャッシングをする時には総量規制によって、借り入れができない場合があります。
総量規制とは、借り入れ総額が年収の1/3を超える金額の借り入れを禁止する規制です。

 

例えば年収が300万円だとすると、借り入れ額の限度は100万円までとなります。
さらに、すでにA社で30万円、B社で40万円の返済残が残っている場合、新たなキャッシングを申し込んだとしても30万円までしかキャッシングはできません。
こういった規制がかかるようになったのは、借りる側、そして貸す側が返済が困難な額のキャッシングをして破産してしまうのを未然に防ぐためです。
この目的に合わない条件である場合には、総量規制による規制を受けない場合もあります。
例えば、住宅ローンはこの規制の対象になりません。
車のローンにおいても同じです。
これらを規制することは、消費者側にとってはデメリットにしかならないためです。

 

また、キャッシングであっても、一本化による低金利化を狙ったおまとめローンもこの規制の対象とはなりません。
おまとめローンの場合は、金利が下がるので、利用することは借りる側にとってメリットになるためです。
この他にも緊急の高額医療の為の借り入れも規制の対象とはなりません。
年収の1/3を超える金額の借り入れができないとなると、職業についていない人はそもそもキャッシング自体できません。

 

しかし、これにも例外はあります。
例えば専業主婦の場合、収入はありませんが、配偶者に安定した収入があればキャッシングを利用できる場合もあります。

 

 

 

 主婦の方に人気のキャッシング先はココ!