主婦 キャッシング 担保 保証人

担保・保証人は必要ですか

担保保証人

手軽にキャッシングができる便利さで、カードローンの人気が高まっています。
申し込み手続きが簡単で審査が迅速であることが大きなメリットです。

 

また担保や保証人が一切不要でお金を借りられる、という点もポイントとなっています。
カードローンは無担保型であり、利用者本人の信用度を基準に審査を行うことになります。

 

担保も保証人もいらないということで申し込みもしやすく気楽であることは事実ですが、逆にいえば何か問題が起こったときには全て自分で責任を負う必要があるということになります。
手軽にお金を借りられるということは、必ず返済を完了させる義務があるということです。

 

 

もしも借りたお金を返せなくなっても、保証人はありませんので支払いを肩代わりしてくれるわけではありません。
何らかの救済措置もありません。
ただ実際にはこのように担保も保証人もない無担保型の貸付においては、代わりに保証会社が間に入っています。
万が一利用者が返済不能になった際には、保証会社が代わって返済を行います。

 

これを代位弁済と呼びますが、利用者は代位弁済以後はこの保証会社に対して返済を行っていくことになります。
くれぐれも借金が消えるわけではないということを頭に入れておきましょう。

 

このような保証会社の存在があるからこそ、金融機関は担保や保証人無しでの貸付が可能になっているのです。
ですからカードローンにおける申し込みの審査では、その人の返済能力を考慮して審査の可否や融資限度額を決定しています。

 

 

 

 主婦の方に人気のキャッシング先はココ!