主婦キャッシングの金利

キャッシングの金利について

金利画像

キャッシングを行うと、返済時に利息を加えて返済する必要があります。
実質年率というような表示をされている金利ですが、銀行でのキャッシングの方が消費者金融よりも低金利の所が多い傾向にあります。

 

この金利は利息制限法という決まりで制限が決められており、消費者金融では昔は29.2%で最大40.0%というような時代もあったのですが、破産者が続出し社会問題になり、今では最大20.0%となっており、また借り入れ金額によってもこの数値は変わります。
10万円未満の借り入れで年率20.0%、10万円以上から100万円未満で年率18.0%、100万円以上15.0%と上限金利が定められている事と、総量規制により借金総額が年収3分の1までしか借りる事が出来ないという制限をつける事で、借金に苦しむ方を減らそうとしています。
ですからキャッシングを行う時はこの利息に注目して、返済時の事や、完済するまでの時間から総額いくらの利息を払う必要があるか計算して使う必要があり、この計算を曖昧にしてしまうと、返済計画が明確に立てる事が出来ずに知らず知らずの間に利息払いに苦しんでしまう事にもなりかねません。

 

そしてキャッシングを行う事で必ずつく金利ですが、複数業者に借り入れを行った場合は、各社に100万以下の借金をするよりも、一社に纏める事で金利を下げる事が可能という事が、ルールが解っていれば可能です。
一社に纏める事で利息払いが楽になり、返済に集中出来るのです。

 

 

 

 主婦の方に人気のキャッシング先はココ!